長年の技術開発や試行錯誤があってこそ「良いモノ」を作ることが可能になる。